タイプAは、新規工事のビニル床材に適しています。

ビニルシート床材や壁紙の継目補修に使用されています。また、入り隅のすき間補修に最適です。

多くは補修用に使用され、汚れやすい個所には変色も少なく、汚れも付着しにくく、見苦しさを最小限にします。

防水や止水効果にも優れています。

ヨーロッパやアメリカでは珍しくない一般工法で、国内でも採用が広まりつつあります。

種類は「タイプA」と「タイプC」の2種類あり、132g入りのプロ用です。
施工上の注意:施工するジョイント箇所は、必ずマスキングテープをしてシーム液を
流してください。

マスキングテープはシーム液の「液たれ」や床材の表面の無駄なシーム液から保護
します。

注意=施工するジョイントは事前に「から拭き」して白化を防ぎます。
また、施工する部屋は通気して乾燥してください。
また、湿気の多い時期や場所に発生する白化現象も防ぎます。


タイプCは、入隅に適しています。
また、補修用には最適です。