種類    コールドシームAタイプ    コーナーペーストCタイプ←クリック


 コールドシームAタイプ


Q−1 使い方は?

A−1 新規のジョイント個所に使用します。
先端が針になっていて、傾けるとその針に液がつたって流れます。
液は水のように粘りがなく、やわらかな液体で、わずかな狭いすきまに容易に入ります。
入った液がビニル素材を溶接します。


参考:熱溶接よりも標準化されたテクニックで、安定した溶接が約束されます。


Q−2 施工の方法は?
A−2 国内のシームシーラーとほぼ同じですが、先端の針をジョイントの継ぎ目箇所に
45度の角度で差し込み、下地を擦るようにします。
また、液を注入する前にマスキングテープを使用してクレーム防止や不具合防止が出来る
ことです。
マスキングテープの使用は、材料の都合や現場の事情で省略することが出来ます。

参考:
例えば先端の針をビニル床材のジョイントに差込みますと、液が針をつたって流れ、
ジョイント個所の裏面まで濡らし、濡れた個所が溶接されるテクニックです。


すき間が0.5mm以上の場合では、一度の液の注入では溶接が出来ないことがあります。
この場合は、乾燥後に、再度同じ方法を繰り返します。
ジョイントのすき間がひろい場合は、液が下地に流れるばかりとなりますので使用は避けます。
その場合はコーナーペーストを使用します。


施工上の注意
施工するジョイント箇所は、必ずマスキングテープをしてシーム液を流してください。
マスキングテープはシーム液の「液たれ」や床材の表面の無駄なシーム液から保護します。
また、湿気の多い時期に発生する白化現象も防ぎます。


Q−3 溶接強度は?
A−3 熱溶接に比較して同等以上です。

参考:
熱溶接は経験を重ねないと接着強度を完璧にすることは難しいです。
熱溶接は現場状況(下地や気温)、溶接機の温度、溶接速度による溶け具合
などの経験と判断が難しく熟練が必要とされています。
液溶接は経験が少なくても施工が出来るテクニックで、安定した溶接強度が約束されます。
液溶接の優れた強度は、施工者による差はありません、また現場状況にも左右されません。

Q−4 ジョイントは目立ちますか?
A−4 
熱溶接やシームシーラーと比較して、仕上がりはとてもきれいです。
養生テープ(マスキングテープ)の使用ができるから、液のはみ出しが少なくなります。

参考:シームシーラーを施工したらジョイントが目立ちクレームになった・・・・
ジョイントの溶接はしない、と言う声も聞こえますが・・
ジョイントの溶接は仕上りを清潔に維持するのに大切なテクニックですから、このテクニックを
推奨します。


Q−5 特長は?
A−5 工夫された溶接液と、特殊な「針」の組合せです。
施工者の技量に左右されずに標準化されますから、安定した強度を約束する科学的な仕組み
が整っています。
養生テープを使用するテクニックが追加され、現場事情に合わせて選択ができます。


Q−6 保管の方法は?
A−6 熱くなる場所を避けます。
特に車の中で、高温になる場所は避けてください。
先端をきれいにして、下向きにして容器の紙箱に入れ、風通しのよい場所に保管すると長期間の保管が
可能となります。


Q−7 出なくなる?
A−7 目詰まりしません。
使用後の使い残しの液はいつもサラサラとしています。

参考:液の容器から、注入する容器に移し替えたりしますと、液の溶剤が揮発しますから粘度
が上がり、サラサラ状態が変化してしまい、目詰まりの原因になります。
使用後は針を下向きにして液を1滴出し、汚れを布で拭き取り、キャップを閉めれば目詰まりしません。


Q−8 注意することは?
A−8 チューブの容器は折り曲げないで下さい。
ブリキ素材のチューブ容器のために破れやすくなります。
もしもやぶれたら紙テープ(マスキングテープ)などで補修します。



コーナーペーストCタイプ


Q−1 使い方は?
A−1 すき間を補修する目的で使用します。
箱に入っているキャップを先端に取付けると、すき間の狭い個所も施工がし易くなります。
また、巾広く薄く(壁紙の場合)シームすることも可能です。
シーム後はやせます(へこみます)ので、状況によっては2度ほど重ねて平らにして下さい。

事例

1.以前に施工した床材が何かの原因でジョイントが開いている場合、そのすき間に入れます。
2.ソフト巾木とビニル床材の入隅にもOKです。
3.腰・壁やソフト巾木の入隅にも使用できます。
4.ビニルシートのエッジ処理も可能です。
5.壁紙の補修にも使用出来ます。
  平面のジョイント個所には先端にキャップを取付け、薄く幅広くシームします。
6.浸透する材質で、すき間であれば使用出来ます。
7.ホモジニアスやコンポジションタイルにも使用出来ます。
  この場合は継目をVカット(面取り加工)されてから使用されることをお薦めします。


Q−2 溶接の強度は?
A−2 コールドシームAよりもさらに強力です。

Q−3 目立ちますか?
A−3 目立ちます。

Q−4 特長は?
A−4
 シリコーンやコーキングに似ていますが、変色しません。
さらに、汚れが付着しにくく、浸透しません。ですから汚れが除去しやすく清潔です。
結露してはがれやすい壁紙のジョイントにも、汚くならないようにと、されています。


Q−5 施工の方法は?
A−5
 壁紙や床材のコーキングに同じです。

Q−6 保管の方法は?
A−6
 コールドシームに同じです。

Q−7 出なくなる?
A−7 目詰まりします。使用後は先端のキャップを速やかにはめます。
目詰まりしたら、チューブの下方をゆっくりと押し、先端に頭を出した「乾いたつぶ状」を取り
除けば解消され、問題無く使用出来ます。


Q−8 注意することは?
A−8
 コールドシームに同じです。